毛穴ケアで顔全体に刺激を!同年代の女性よりも若々しく!

「お化粧しても毛穴が隠れない」という人は沢山いると思います。私が気になったのは25歳の独身時代です。友人と行った化粧品やさんでお肌のチェックをしようということになりそこで毛穴を見た時にこのままでは40代や50代になったときに危ないと感じて毛穴のケアを本格的に行いました。

対策としては月に一度お肌のチェックをしてもらいその際に一緒に美容パックなど化粧品やさんでしかしてもらえないことをするようにしました。基礎化粧品も肌のチェックをしてもらってすべて自分の肌に合うものに、そして「美白タイプ」のシリーズをベースに揃えました。

毎日のクレンジングは念入りにして、クレンジングの前にはスチームで毛穴を開いてゆっくり時間をとって行いました。独身だったので仕事が終わってからは暇もありましたのでそこまで苦痛ではなくテレビをみたりしながら時間をかけて行うようにしました。

そして洗顔は必ずネットで泡をこまやかにしてから優しくなでるように洗いました。ここまでの工程でほぼ一か月行うと黒ずみは気にならなくなりました。後は化粧水と乳液、美容液で終了です。これはコットンを必ず使います。肌の奥まで浸透させてくれるので手で行うよりもきれいな肌に仕上がります。

そしてもう一つ行ったことは老廃物を出すと黒ずみも出来にくいと聞いたので食べ物や飲み物を買えました。根菜類を多めにとるように心がけて、必ず野菜を先にたべるようにしました。一か月後には黒ずみは気にならなくなっていました。そして体重も2キロ減っていたのでラッキーでした!(^^)!

毛穴ケアをするということは顔全体に刺激を与えて肌自体が引き締まるので化粧のりももちろんよくなります。毛穴が詰まって気になっている方はぜひ試してみて下さい。少しお金はかかりますが30代になって今、あの時やっていてよかったなと感じています。肌は日々老化していくので毛穴もお手入れした分きれいになってくれます。今はお店にいく余裕がないので基礎化粧品で予防しています。おかげで同年代の周りの方よりは肌がきれいだと言われます!一緒に頑張りましょう!(^^)!

ビオレ毛穴すっきりパックを使用!私が効果の出た使用方法

25才過ぎてから毛穴の汚れが目立つようになってきました。それで市販の毛穴パック2社を使い比べました。黒色のパックより、白色のパックの方が好きです。

黒色のパックは剥がした後、黒い跡形が残るからです。だから、濡らしたタオルで跡形を拭き取ったことがあります。一番毛穴の汚れが取れるのはビオレ毛穴すっきりパックです。

使い始めて今年で8年目です。週一のペースで使っています。効果が現れ始めたのが、一ヶ月半くらい経ってからです。
鼻の毛穴が小さくなってきました。

以前は肉眼で毛穴の黒ずみが見えていて、脂のようなものが立体的に浮き上がっているのが見えていました。しかし、今はそのような現象はありません。

毛穴すっきりパックを使い始めた時は、パックを剥がした後、毛穴から取れ残りのような脂のようなものが飛び出ていましたので、ピンセットでつまみ出していました。後で知ったことですが、肌には良くないとのことでした。

毛穴すっきりパックを使う私なりの方法は、パックをする前にお湯または水で鼻を濡らすかわりに、常温のお茶で鼻を濡らします。

そうすると、剥がした時に肌の状態が乾燥し過ぎず保湿が少しあります。その後、冷やした化粧水をコットンに付けて、鼻に乗せて冷やして毛穴を引き締めます。

特に乾燥が気になる場合は、美容液、乳液を付け足してラップで巻きます。そうすると、毛穴が完全に見えない状況になりとても綺麗です。

汗かきの人は鼻にもしっかり汗をかいてしまいます。だから、毛穴パックを貼り付けた後、ドライヤーの冷風をかけます。
毛穴パックが固くなり乾いていくのがわかります。

そして完全に固くなったら、ゆっくりと剥がしていきます。肌がとても弱い人にはこの方法はやめておいた方がいいです。

肌が弱い方が毛穴パックを使用する場合。貼り付ける時間を短くして、ゆっくり剥がした方がいいでしょう。

毛穴パックを貼り付けた後、ビニール袋を鼻に当てて、氷をくっつけてまんべんなくなぞります。そうしますと、早く乾き張り付けている時間を短くすることができます。
ドライヤーの冷風をかけるより負担が少ない方法です。

毛穴ケアは長期戦!ピーリングを定期的に行って角栓除去!

思えばリッキドファンデーションを使うようになってから、毛穴の汚れが気になるようになりました。ファンデーションが毛穴に入り込み、化粧落としのクレンジングだけでは汚れが落ち切れていなかったようです。

徐々に蓄積されていき、気が付いた時には俗に言う角栓という状態になってしまいました。特に鼻と口周りの毛穴が詰まってポツポツと黒く目立つようになっていました。

初めはお手軽価格の貼って剥がして角栓を取るシートタイプのものを試してみました。シートにべったりと付着した角栓を見ると変な満足感があり、それだけで取れた!と安心してしまいました。

しかし、一旦は角栓が除去出来ても、取れた毛穴が逆に目立つ気がしました。まるで穴が開いたようにも見えました。使い続ける内に今度はお肌がカサカサしてきました。更に敏感肌の私は、除去シートを使うと痒くなるようになりました。

困って友人に相談したところ、優しく除去出来るピーリングを紹介してくれました。お風呂で温められて毛穴が開いた頃にクレンジングをして、その後にピーリングをしました。毎日ではなく、だいたい週に1~2回のペースでケアを始めてみました。

毛穴シートのように目で見て取れた状態が分らないので、最初はキレイになっている実感がありませんでした。即効性はないため、2ヶ月が経過した頃にやっと角栓の黒ずみが薄くなった気がしました。

毛穴ケアは長期戦なのかもしれませんね。洗顔も優しく泡が密着して汚れを落とすタイプのものに変え、化粧水もビタミンC配合のものが良いと聞いたので、ビタミンCプラス保湿もしっかりしてくれるタイプに変更しました。

加齢と共にお肌のたるみも気になっていたので、毛穴を引き締める効果があるオールインワンタイプのジェルを使っています。結果的に、角栓が出来たことがスキンケアを見直すきっかけになりました。毎日の食事も栄養を考え、脂質の多い食品は避けるように注意しています。スキンケアだけではなく、睡眠もきちんと規則正しい生活がお肌の為には良いのかもしれませんね。今はお肌のトラブルもなく、角栓の無いキレイな状態を保っています。

筆洗顔とビタミンCの化粧水を組み合せたケアで毛穴引き締め!

毛穴の汚れが気になり始めたのは、小学校高学年から中学生にかけてです。年齢的なものもあり、皮脂の分泌が活発でニキビもよくできていました。顔がアップで写っている当時の写真を見ると、鼻がオレンジの皮のようになっているのがはっきりわかります。

当時の私は気にはなっていましたが、「何が何でも解消したい!」とまでは思っていませんでした。しかし、高校生になってオシャレやメイクなどに興味を持つようになると、毛穴の汚れや開きが気になって仕方なくなりました。

最初に試したのは、クレンジングオイルです。また、重曹や炭、スクラブの入った洗顔フォームを使用したりと、とにかく汚れを根こそぎ落とそうと様々な洗顔料を試したことを覚えています。

しかし、洗顔料だけでは毛穴の悩みは解消されることはありませんでした。

次に試したのは、ビタミンCです。ビタミンCの粉末を購入し、手作りの化粧水を作ってパックをしました。それだけだとあまり効果を感じられなかったので、イオン導入器も買いました。

洗顔後に使用する化粧水も、ビタミンCが入っているものを選びました。アルバイトで稼いだお金をかなりつぎ込みましたが、なかなか効果が出なかったので、途中でやめてしまいました。

毛穴パックを試したこともありました。剥がしたときに角栓が目に見えてたくさん取れるのでやみつきになりましたが、もともと肌が弱いこともあり、炎症を起こしてしまったので使うのをやめました。

他にも、ビタミンのサプリメントを飲む、肌断食、小麦粉パック、蒸しタオルなど色々試しましたが、これといって効果を実感した方法はありませんでした。

しかし、現在試している筆での洗顔は今までの中で一番の変化があります。動物の毛で作られた筆なのですが、一本一本の毛が非常に細く、洗顔をしていると、毛穴の汚れが掻き出されているように感じられます。

筆での洗顔は刺激が強いのと、筆の品質保持の観点から、毎日行うことは避けるように注意がなされていました。なので、私はだいたい週2回ほどの筆洗顔を行っています。効果は、初めて使ったその日に感じられました。お風呂に入る前と後では、明らかに黒ずみの量が減っていたのです。

現在、使い始めて2か月ほどですが、筆洗顔とビタミンCの化粧水を組み合せたケアで、毛穴はだいぶ引き締まってきました。

以前は毛穴のせいでメイクの崩れ方が汚かったのですが、今ではあぶらとり紙とおしろいで綺麗に直せるようになりました。これからも続けて、毛穴レスな肌を目指します。

毛穴ケアは根気強く続けることが大事!理想の肌に近づくコツ

1年程前から毛穴の汚れが気になりはじめ、特に鼻の毛穴はメイクを落とすと黒く汚れて見事なイチゴ鼻になってしまっていて恥ずかしくてたまりませんでした。はじめは手っ取り早く汚れを取りたい一心で毛穴パックを使って汚れ対策を行っていたのですが、かえってどんどん毛穴が広がる結果になってしまいパックにつく角質はよりたくましく増えていってしまいました。

友人と比べてみてもその差は歴然で、自分の毛穴の汚れがとてもひどいことをさらに実感し、その時からじっくりと毛穴のケアに向き合って対策していこうと意識を変えました。

まず洗顔料、洗顔方法を変えました。ロゼット洗顔パスタ海泥スムースという洗顔料に変更したのですが、この洗顔料は海泥パウダーが練りこまれているので毛穴の奥までしっかりと汚れを洗い落とすことができ、さらに海泥の力で毛穴を引き締める効果もあります。

クレンジング前には蒸しタオルを使って顔全体をしっかりと温めて毛穴を開かせ奥まで詰まったメイク汚れを落とすことを意識しました。その後洗顔料は専用の泡立ち機を使ってきめ細かく泡立たせて優しく全体を洗い上げます。

流すときは洗った時間の倍の時間をかけてすすぎのこしがないように気を付けながら流し、仕上げは冷水できちんと冷やして毛穴を引き締めます。

その後お風呂の後で髪や体が濡れていたとしても必ず化粧水を真っ先に付けることは習慣づけました。洗顔後が一番吸収力が上がっているので保湿を高め毛穴をふっくらさせるためにもとても大切なことだと思います。

私はハトムギ化粧水とニベアを使って保湿していましたがすごくしっとりと仕上げることができました。気温が高いときはさらにそのあと氷をコットンに包んで気になる毛穴の部分をくるくるとマッサージするようにアイシングして毛穴を引き締めることもありました。

このスキンケアをだいたい2週間ほど行って毛穴は大分改善されてパッと見ではほとんど気にならいくら位にきれいになりました。しかしやはり至近距離で見るとまだ黒ずみは残っている部分もあるので、その部分には週に2度ほど綿棒にホホバオイルを染み込ませたものをくるくると優しくこするようにしてマッサージすると汚れが取れていきます。

そうして一進一退を繰り返しながら結局3カ月ほどでようやく黒ずみはなくなって、毛穴の汚れ自体はきれいにすることができました。ただしまだまだ毛穴の凹凸をゼロにはできていないのでこれからも根気強く毛穴の洗浄とアイシングを繰り返して理想の肌を手に入れたいと思います。

毛穴のケアは時間はかかりますが確実にやればやるだけ効果が出るのであきらめずに続けることが大切だと思います。